大阪の美容整形で行えるダイエット│脂肪を体外に吸い出す脂肪吸引法

難しい二の腕ダイエット

医師

二の腕は身体の部位で、脂肪のつきにくい部位の一つとされています。しかし一度二の腕に脂肪がついてしまうと、たとえダイエットを行ったとしても、簡単に細くすることはできません。たとえうまく細くすることができても、頻繁にリバウンドをしてしまう場合もあります。適切なダイエット方法を選択しないと二の腕がたるんでしまい、二の腕の脂肪だけ落ちないといったことも少なくありません。二の腕が痩せにくい理由としては二の腕が比較的、筋肉の多い部位となるからです。運動不足になって筋肉が衰えてしまうと、脂肪がつきやすい二の腕になってしまうのです。また、自己流の痩せ方では中途半端に痩せてしまい、肌表面に凹凸ができてしまうこともあります。二の腕痩せのダイエットにうまくいかない場合には、大阪の美容整形外科で脂肪吸引を行うことを検討してはいかがでしょうか。美容整形外科でバランスよく脂肪を吸引してもらうことにより、凹凸がでてしまうこともなく自然に二の腕の脂肪を減らすことができます。また、引き締め効果もあるために手術部位の脂肪がつきにくくなって、リバウンドを防ぐ事もできます。大阪の美容整形外科で行う二の腕の脂肪吸引はダウンタイムや術後のケアなども必要としますが、直接二の腕から脂肪を吸い出すため、目に見えて効果を実感することができるようになります。手術跡もひじにあるシワの部分から脂肪を吸引するため、傷跡が殆ど目立つことはありません。ダウンタイムは長くても4週間、短いと2週間程度で収まります。ただ、このダウンタイム中に適切な術後のケアを行わないと、皮膚が固くなってしまうことがあります。この現象はなにをしなくても数ヶ月で治すことができますが、やはり気になってしまう人も大阪には多くいます。術後は日々マッサージやストレッチなどを行うようにして、二の腕の組織を圧迫して癒着させるようにしていきましょう。ダウンタイム中はむくみや青あざになってしまうこともありますが、二の腕は服などで隠しやすい部位であるため、気をつけていれば日常生活でも青あざやむくみを見られることもなく過ごすことができます。術後のケアをしながら1ヶ月ほど経過すれば、人前でシュッとした二の腕を見せることができるようになります。ダイエットの方法の1つとして捉え、大阪の美容整形外科による脂肪吸引を視野に入れてみてはいかがでしょうか。