大阪の美容整形で行えるダイエット│脂肪を体外に吸い出す脂肪吸引法

ダイエットと脂肪吸引

体重計を持つ人

ダイエットをする際によく勘違いされがちなことですが、ダイエットで脂肪を燃焼させることで脂肪が消えると考えている方は多いです。これは間違いで、脂肪は脂肪細胞という細胞に取り込まれる事によって、脂肪細胞が肥大化してしまうことにより太っているように見えてしまいます。ダイエットは脂肪細胞を小さくするだけで消し去ることはできません。よくダイエット後にリバウンドをするという話を聞くでしょうが、この小さくなった脂肪が再び膨らんでしまうことにより、リバウンドが起きてしまうのです。大阪の美容整形外科で行われている脂肪吸引は、この脂肪細胞自体を吸引して除去することができます。そのためダイエットとは違い、リバウンドのリスクを激減することができるようになっています。脂肪細胞は殆どの人が成人するまでに作り切られていて、その後からは細胞が増減することはありません。脂肪吸引によって除去された脂肪細胞は戻ることはなく、脂肪吸引後のリバウンドの場合は、残っていた脂肪細胞が食生活などによりまた脂肪を取り込んで肥大化してしまっているだけです。脂肪吸引の術後にリバウンドをしたかのように腫れやむくみが出てしまうこともありますが、術後にケアを行っていくことによって腫れやむくみは1ヶ月ほどで解消されます。また、脂肪には皮下脂肪と深層脂肪という2種類の脂肪があります。ダイエットによって皮下脂肪を小さくすることはできますが、深層脂肪はダイエットで解消することができません。深層脂肪には血管や神経が通っていないために燃焼をさせることができず、飢餓状態などの身体が極限の状態になった時に初めてエネルギーが使用されます。ダイエットでは減らないこの脂肪を減らすには大阪の美容整形外科で行える脂肪吸引によるダイエットが最適だといえるでしょう。大阪の美容整形外科では、複数の脂肪吸引方法で深層脂肪を取り除くことができます。医師とカウンセリングを行い、自分に合った方法を探してみるといいでしょう。通院の必要などもなく、1回の施術で済ませることができるため、大阪の美容整形外科でも脂肪吸引は人気があります。既に脂肪吸引を検討している方なども、気軽にカウンセリングを受けて相談をしてみることで疑問解決や施術へ踏み出すための一歩に繋がることでしょう。